メンバー紹介

メンバー紹介

Eat on_のプロのクリエーターチームが全力でレベルアップをサポート

Producer&Vocal Direction Trainer

代表  登坂 亮太
– Ryota Tosaka –

登坂亮太

東京生まれ。シンガーソングライターとしての活動はもとより、詞曲提供や舞台の音楽監督、イベントのプロデュースやオーガナイズ、また自身もミュージカルやバレエ公演に出演し、様々なジャンルにてマルチに活動。

近年はプロデュースワークに力を入れ、シンガーをはじめ俳優、女優、タレント、モデル等の音楽活動全般をサポート。コンセプト作りから詞曲提供、ヴォイスディレクションまでトータルで行いアーティストからの信頼も厚い。奈美悦子さんのライブイベント「NAMI STYLE The LIVE」をプロデュース。オリジナル曲「もう一度…」「あなたらしく」を提供。

2007年、Mr Children『HOME』及び『HOME -in the field-』ツアーにはバックヴォーカルとして参加。ap bank fes(2005年~2012年)、ap BANG!!ではBankBandのメンバーとしてコーラスを務める。

アルバム『沿志奏逢2』(2008年)及び『沿志奏逢3』(2010年)でもコーラスとしてrecordingに参加している。2010年には、弟、登坂太頼と「登坂兄弟」名義でキャタピラー(小林武史、若旦那、一青窈、GAKU-MC、Salyu)に参加。”あしあと”をリリース。

ap bank fesに多大な影響を受けて、2005年12月3日にgreen bird吉祥寺支部を立ち上げ、自身が支部長を務める。井の頭恩賜公園の植生や生態系の保全活動などに参加するNPOの集合体、TOKYO NATURE LANDの理事でもある。を通じて自分対人間の循環、連鎖を確立していく事を模索中。
様々な人間と繋がっていきたいと願う。

参加アーティスト

Chorus

AI
ASKA
中孝介
阿部真央
絢香
いきものがかり
石井竜也
伊藤由奈
今井美樹
AIR
大塚愛
大貫妙子
岡村靖幸
奥田民生
小田和正
甲斐よしひろ
GAKU-MC
加藤登紀子
KAN
吉川晃司
キマグレン
久保田利伸

Crystal Kay
KREVA
桑田佳祐
倖田來未
Salyu
SEAMO
JASON MRAZ
JUJU
スガシカオ
スキマスイッチ
Chara
Def Tech
トータス松本
ナオト・
インティライミ
中村中
秦基博
PUFFY
BankBand
一青窈
氷室京介
平井堅
平原綾香

広瀬香美
FUNKY MONKY
BABYS
福原美穂
藤井フミヤ
BENNIE K
布袋寅泰
BONNIE PINK
HOME MADE家族
ポルノグラフィティ
My Little Lover
真心ブラザーズ
Mr.Children
miwa
MINMI
ムッシュかまやつ
持田香織
矢井田瞳
ゆず
横山剣
RHYMESTER
RIP SLYME

Recording

イ・ドンゴン
INFINITY 16
GAKU-MC
SHOCK EYE
中村中
BANKBAND
etc…
(参加アーティスト
あいうえお順)

Base and Rhythm trainer

松野 圭悟
– Keigo Matuno –

松野 圭悟

アンミュージックスクールを特待生で卒業《現在同校講師》
在学中よりサポート活動開始。2006年バンドTSUBAKISTAでCDリリース。
2008年バンド解散後再びサポート活動開始これまでの主なライブサポート&レコーディング
W-inds. TiA 奈美悦子 鈴木聖美 丹下桜 登坂亮太 尾崎愛 など
その他、音楽学校やサポート校などで講師を務める

PIANO and Arranger

菅原 敏
– Bin Sugawara –

菅原 敏
幼少期にピアノを習うが興味がなくすぐに辞めてしまう。
大学卒業後に音楽専門学校の作編曲コースに入学、本格的に音楽の道を志す。
アグレッシヴジャズトリオ、
“Re-trick”
のピアニスト、ヴォーカリストの青山佳代
のプロデュースなどの活動を行っている。
メロディに新しい光を当て、美しさを際立たせる独特のアレンジに定評がある。
www.re-trick.com

DTM trainer and Recording Engineer(提携)

安楽 謙介
– Kensuke Anraku –

安楽 謙介
地元、鹿児島県のChimpanzee Studio、吉祥寺GOK SOUNDを経てフリーランスとして独立。
レコーディング、ミックスだけでなくPAやLIVE RECまで幅広く活動中。
エンジニアとしてはメジャー、インディーズ問わず豊富な経験と確かな感性で常にクオリティの高い音源を制作すると定評がある。
主に生音のバンド系サウンドを得意としているが、ジャンルにこだわる事なく様々なアーティストの信頼を得ている。